FX

2018年FXで一番面白い通貨はトルコリラだ!スワップ取引も狙えます!

2018年FXで一番面白い通貨はトルコリラだ!スワップ取引も狙えます!

世界には様々な通貨があります。ドル、ユーロ、円、ポンド、元、ペソ・・・
数えたらキリがないほどですが、その中であえてひとつの通貨のトルコリラをご紹介します。個人的には2018年のFXトレードで一番面白いだろうと思われる通貨です。

2018年一番面白い通貨はトルコリラだ!

私が思う2018年で一番面白いと思う通貨はトルコリラです。

その理由は、トルコリラは為替変動リスクが高い通貨であり、昨年だけでも10円近く動いているからです。
つまり、いい意味でも悪い意味でもギャンブル性の高い通貨となります。
トルコリラのこの10年のチャートを見ていただけるとわかりますが、2008年には90円でしたが、現在は23円ほどまで下がっております。(どこまで下がってるんだ・・・笑)
実際に今も最安値を更新し続けていてそろそろここらへんで止まるのか?それともまだ下がり続けるのか?というのが見ものですね。


※楽天証券の10年チャートから引用(トルコリラ/円)

しかし、2018年5月現在で下がり続けているトルコリラですが、実は金利がすごいことになっています。
トルコリラの金利はなんと8%!日本の銀行に預けていたらここまでの金利はありえないですね。

トルコリラはなぜ下がり続けている?

トルコリラが下がり続けている原因はいくつかあります。ここでは2点の原因を紹介させていただきます。

トルコとアメリカの仲が悪い

まず、1つ目は世界情勢的な観点からトルコとアメリカの仲が悪くなっているということです。
もともと、そんなに仲がよくなかった国々なのですが、お互いが2017年に非移民ビザの発給を停止して更に仲が悪くなりました。
トルコ自体はアメリカと関係がよろしくないロシアや中東諸国と更に仲を深めています。

トルコ国内でのテロが発生していた

トルコリラが下がり続けている他の原因はトルコ国内でのテロが発生していたことです。
これが原因でトルコリラは下がり続けました。
今はだいぶテロ自体がおさまり、2018年以降は非常に回復しています。

そんなトルコリラはスワップポイントを狙った取引が面白い

スワップとは、本来は等価値のものの「交換」という意味です。
FXにもスワップというのがあります。それは金利差を狙った取引です。
簡単に言うと、金利の低い国の通貨から金利の高い国の通貨を保有した時に発生する「金利差を狙った取引方法」のことです。
まさにこのトルコリラは金利が高いです。比べて日本円、アメリカドル、ユーロ等は金利が低い国ですので、トルコリラを持つだけで少しずつお金が付いていくのです。
日本のFX会社でも海外のFX会社でも1lotでも持っていると面白いですよ!
レバレッジをかければ1年持っておくだけで50万円以上の利益が出るかもです。
海外FX会社であるXMでもEUR/TRY(ユーロ/トルコリラ)の0.1lotあたりのスワップは300円程度になりますので、ギャンブル性が高いですが面白い資産運用だなと思います。

放置力を身に付けた人は強い

FXは基本的にトレードを行うものですが、スワップ取引だと放置をすることにより利益を得ることができます。
FXが日本で流行り始めたときに、スワップのみで稼いだ人がごまんといて、その中には専業主婦で稼いでしまった人もいました。
その人たちはただ放置しただけで稼いでしまったのです。
放置する力、つまり、「放置力」を身につけるのは本当に大事なことです。
おまけですが、前述の主婦たちは税金の勉強をしていなかったので、税金も放置してしまった方も多かったため、脱税も多発しました笑。

トルコリラは2018年後半は上がる?

トルコリラは2018年後半は上がると思われます。中長期的目線ではトルコリラは上がると予想している評論家も多くいて、今が底値な感じがします。
前述のようにテロが収まってきており治安維持されてきており、もともと観光国家でもあるためより多くの資金が投入され国力が上がると予想されます。
ちなみに、トルコは日本人からも観光地として人気であり、イスタンブールは特に人気です。しかも、トルコ自体は親日国です。

まとめ

トルコリラは今が底値?な感じがするのでおすすめしますが、主要国の通貨と比べてギャンブル性の高い通貨です。
あまりにも高いレバレッジで取引するのはおすすめしませんが、スワップ取引で美味しい思いができるのは今しかないです。
資金管理を行い、放置する力をつけてスワップ取引で美味しい思いもしても良いかもしれません。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

今話題の自動売買での資産を安定化させてみませんか?

LINEでXEN-TRYZについて
まずはご相談ください。

相談はコチラから