FX

【要対策】8月前半はFXはやらないほうが良いって知ってた?

【要対策】8月前半はFXはやらないほうが良いって知ってた?

暑い!今年の夏は殺人猛暑です。
8月に入り、本州は記録的な暑さを継続しており、観測史上最高気温を更新する都市も非常に多くなっています。
水分と塩分をしっかり取り、熱中症対策を万全にしてほしいと思います。

熱中症ももちろん対策をしなければいけないのですが、
FXでも8月前半は対策を取らなければいけないってご存知でしたか?

その対策はズバリ「トレードをしない」ことになります。

今回の記事は、8月前半にトレードをしてはいけない理由について解説したいと思います。

8月は世界中でも夏休み

実は8月は相場の参加者が非常に少ない月となり、ボラティリティ(値動きの幅)が形成されにくいのが特徴です。
相場を動かす投資家も人間ですので、夏休みを取りたいという思考になります。
人間だったら、人間らしい生活をしたいというのは本望ですね笑

確信を持って言いますが、クリスマス・年末年始と同様に、8月はトレード自体を休んだ方が良いです。
その理由は、すごくシンプルで、世界中のトレーダーが「サマーバケーション(夏休み)」に入っているから休んだほうが良いのです。

欧米では、20日前後のサマーバケーションを取るのが一般的であるため、夏の暑い時期は相場に参加しないというのが鉄則となっています。
日本でも日本の企業もお盆休みが、通常あります。

サラリーマンの皆さんは特に気をつけていただきたいのが、お盆休みにやることがなく、ポチポチとトレードをしてしまうことです。
これでは、せっかく積み上げてきた利益をすっ飛ばす可能性もあります。
お盆休みが取れたからといって、暇つぶしにトレードをすると火傷するかもしれませんよ!笑

いつトレーダーが帰ってくる?

まず、トレーダーがサマーバケーションに入る基準ですが、8月の雇用統計が終わってから夏休みに入ると言われています。
ちなみに、雇用統計は毎月の第一金曜日に発表されます。
雇用統計の記事はこちら↓

毎月第一金曜日はアメリカ雇用統計!雇用統計時に抑えるべきポイントとは?

いくらサマーバケーションと言っても、むちゃくちゃに休むわけではなく、8月20日前後に、多くのトレーダーが
相場に帰ってきます。
トレーダーが多くなると、いきなり相場が動く可能性があります。
夏休み期間中のトレードも危険ですが、夏休み明けの月曜日のトレードも荒れる傾向にあるので、注視していただきたいと思います。

まとめ

8月前半のFX相場の特徴について、いかがでしたでしょうか?
この時期のFXは、ズバリ「トレードを休む」のが鉄則です。
FX自動売買でも、同じことが言えます。FX自動売買EAは、プログラムにより作動するので、止める時期については、プログラムが勝手に止めてくれません。
トレードしたくない場合は、自分で止める必要あるので、注意してくださいね!

↓FX自動売買XEN-TRYZ~ゼントリーズ~の実績はこちら↓

今回の記事も最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございました!

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

今話題の自動売買での資産を安定化させてみませんか?

LINEでXEN-TRYZについて
まずはご相談ください。

相談はコチラから