FX

デイトレは稼げる!は本当?

デイトレは稼げる!は本当?

FXは色々な取引手法があります。トレーダーにとって自分に合う手法を取り入れるべきですが、今回はデイトレに着目してみます。

また、このページではよく言われるデイトレは稼げるのか?いう巷の噂を解明していきたいと思います。

そもそもデイトレとは?

デイトレとはデイトレードの略語です。デイトレードはその日のうちに注文を入れてその人のうちにポジションを解消することを言います。例えば、朝7時にドル円での買いでエントリーをして利益が出たため、夜7時に決済をするような感じです。基本的にはその日のうちに(翌日に持ち込むことなく)トレードを終了させるというのがデイトレになります。うまくトレードを行うことができれば、有効に運用資金を回転し、短期に増大させることが可能です。

デイトレのメリットは?

デイトレは冷静にルールを決めてエントリーできる、チャートを1日見れる人には最高の手法になるかと思います。ただ、それができない人にとっては結構辛い手法となってしまいます。

一般的に言われるデイトレのメリットをここでは記載させていただきます。

デイトレのメリット

  • ポジションを翌日に持ち込まない。

→デイトレはポジションを持つ時間が限定されます。1日の中であれば好きな時にトレードすること可能です。

  • 初心者でも入りやすい。

→1日単位で見ていくので初心者トレーダーでも参加しやすいのが特徴です。

  • 1日1日で見ていくので利益確定・損切りがしやすい。

→これも上述部に被りますが、もし仮に負けたとしても、負けた翌日にはまたトレードをやるので、頭の切り替えがしやすいです。

  • 急激に値幅が動く時間帯をあえて避けることができる。

→基本的にアメリカ市場が開く時間に大きく動きますが、そこでやめることもできますし実際に動かすこともできます。

  • 一度、指値、逆指値を入れて放置することも可能。

→ずっと画面を見ているのはしんどいのでこのような方法も可能です。

他のトレード方法はあるの?

デイトレ意外にも他にもトレード方法はあります。例えば、スキャルピングトレード。

スキャルピングとは、超短期売買と言われており一日に何回~何十回も取引を行う手法のことを言います。個人的にはあまりおススメしません。取引回数が多くなるということは負ける確率が高くなることを意味しますし、パソコンの前に張り付く必要も出てきます。

他には、スイングトレードというのもあります。スイングトレードとは、ポジションの保有時間が数日から数週間におよぶ取引のことをいいます。中長期で見るので大きな利益を得ることもできますが、中長期保有のため証拠金が足りなくなる可能性も出てきます。また、負けているときでも「2日後には上がるはずだ!」と放置ができるメンタルが必要になります。資金に余力のなる人向けの投資スタイルになりますが、パソコンに基本的に張り付く必要がないのが特徴です。

自動売買でもデイトレ仕様のEAもある

EA(Expert Adviser)と呼ばれる自動売買プログラムにもスキャルピングやデイトレが採用されていることがあります。1日に何十個もポジションを持つ自動売買EAや1日に1ポジションを持つEA等色々あります。しかし、前述の通り、トレード回数が多いとその分勝つ回数も多くなりますが、負ける回数も多くなります。そのため、1日1回トレードや2~3日に1回のトレードのEAを使うようにしましょう。

まとめ

デイトレについて記載させていただきました!

いかがでしたでしょうか?デイトレはメリットも多いですが、諸刃の剣です。裁量トレードでやる人はデイトレを試してみてご自身に合う手法を取り入れてみてください。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

今話題の自動売買での資産を安定化させてみませんか?

LINEでXEN-TRYZについて
まずはご相談ください。

相談はコチラから