FX

FX取引におけるDD方式とNDD方式、STPとECNについて徹底的に解説!

FX取引におけるDD方式とNDD方式、STPとECNについて徹底的に解説!

FXトレードの方式は大きく「DD方式」、「NDD方式」という2つの方式に分かれます。
そして、NDD方式は「STP」、「ECN」という2つの方式に分かれていきますが、なんだか聞きなれない言葉が多く出てきて嫌になってきます。
しかし、FXブローカーを選ぶにあたり、この言葉を理解するのは必要になります。
今回は、DD方式、NDD方式(STP、ECN)の違いについて徹底解説していきます。

DD方式とNDD方式とSTP、ECNについて

いきなり図解にしてしまいましたが、このような内訳になります。

DD方式、NDD方式、STP、ECN方式についてのイメージ図

さて、大きく2つに分かれるDD方式、NDD方式について説明していきます。

DD方式について

DD方式は、Dealing Desk方式と呼ばれます。
一般的には相対取引や店頭取引とも呼ばれ、トレーダーとFXブローカー間、そしてFXブローカーとインターバンク間で取引されます。
DD方式のメリットは、原則固定スプレッドでさらに、スプレッドの幅が狭いということです。
ちなみに、日本が世界一、スプレッドの幅が狭いとされています。
しかし、日本国内のFXブローカーのほとんどがDD方式を採用しており一見良さそうに思えますが、DD方式の最大の弱点は「取引の不透明さ」だと言われています。
その理由は、トレーダーが注文する際にFXブローカーが「呑み行為」ができるからです。
DD方式 方式 FX

国内FXブローカーに多い呑み行為とは?

呑み行為について説明します。
本来、トレーダーの注文をFXブローカーに通す際、上図のようにFXブローカーがインターバンクに注文をするのが本来の筋となります。
しかし、呑み行為とは、トレーダーの注文をFXブローカーまでで止めてしまい、トレーダーの注文をFXブローカーが呑むという行為のことです。(下図の赤枠までで止めてしまう)
つまり、本来トレーダーから一貫した流れで注文が通らないといけないはずなのに、わざとその注文をインターバンクに通さないということができるのです。
実際に金融庁が出している金融レポートを拝見すると、スプレッド極狭を謳っている国内FXブローカーの半分以下がカバー先がない(呑み行為をしている)という現実もあるわけです。

DD方式 ノミ行為 呑み行為

NDD方式について

前項の通り、DD方式はスプレッドが狭いというメリットがありました。
しかし、デメリットとしてはその不透明さが難点であり、DD方式はトレーダーが負けてくれることによりFXブローカーが利益を取っていく仕組みです。
誰も不透明なFXブローカーでトレードをしたくないと思うのは当たり前であり、「FXトレードを行う際は、透明性が高いFXブローカーで取引をしたい」と思うトレーダーがほとんどです。
DD方式よりも、トレーダーの注文がインターバンクに直通しているNDD方式の方をおススメします。
NDD方式は、FXブローカーが採用している方式になります。

NDD方式 FX

NDD方式にあるSTPとECNとは?

NDD方式にはSTPとECNという二つの方式があります。
それぞれ説明していきます。

STPとは?

STPとは、Straight Through Processingの頭文字を取ったものであり、FXブローカーを介し、直通でインターバンクに通っていく仕組みになります。
約定スピードが速く、リクオート(約定拒否)もないため、DD方式より透明性が高いです。
この際、FXブローカーは取り次ぐ際にメジャー通貨で約1~3pips程度のスプレッドを乗せます。(マイナー通貨だとよりスプレッドが広くなります)
この上乗せしたスプレッドがFXブローカーの利益にあたります。
なお、海外FXブローカーでいうとスタンダード口座という口座がSTP方式の口座になります。

ECNとは?

ECNとは、Electric Communications Networkの頭文字を取ったものであり、直訳すると電子商取引と呼ばれます。
ECNもSTPと同様にトレーダーの注文がインターバンクに直結するのですが、STPよりもさらに透明性が高く、約定スピードが速いのが特徴です。
では、ECNとSTPの違いは何でしょうか?
その違いは、スプレッドと手数料にあります。
STPはスプレッドを上乗せしますが、ECNはスプレッドがほぼゼロになるという特徴があります。
その代わり、ECNではトレーダーから得た利益から手数料を取るという仕組みになっていて、FXブローカーが利益を取っています。
なお、海外FXブローカーでは、ZERO口座(XM)ILC口座(Tradeview)プレミアム口座(FXDD)と呼び名はバラバラになります。

NDD方式(STP、ECN)はWIN-WIN

NDD方式のトレードは、DD方式と比較すると、スプレッドが広い(ECNの場合は手数料がかかる)ですが、透明性が高いです。
DD方式を採用しているFXブローカーは勝っているトレーダーは迎合していません。
DD方式の場合、その仕様上、トレーダーが負ければ負けてるほど、FXブローカーに利益が入る仕組みになります。
一方、NDD方式の場合はトレーダーが勝てば勝つほど儲かるという仕組みになっており、NDD方式はトレーダーにとってもFXブローカーにとってもWIN-WINの関係になることができます。
NDDを採用しているFXブローカーを選んだほうが結果的に良いという結論になります。

NDD方式を採用しているのは海外FXブローカー

国内FXブローカーもNDD方式を採用しているところもありますが、過度な低スプレッド競争により日本国内のFXブローカーではDD方式が人気です。
しかし、海外FXブローカーはNDD方式を採用しています。
この透明性があるおかげで、プロトレーダーのほとんどが海外FXブローカーでトレードをする時代に突入しています。
透明性の高い取引をしたいのであれば、長期的に考えて絶対に海外FXブローカーでトレードをすべきです。

おススメ海外FXブローカー

当メディアがおススメする海外FXブローカーをご紹介します。
ここでは3つの海外FXブローカーを記事別に解説しておりますのでご覧ください。

XM(XMTrading)

XMの評判と口座スペックについて公正にジャッジしてみた!<初心者・口座開設者必見!>

Tradeview

プロユース仕様の最強FXブローカー Tradeview(トレードビュー)の特徴・口コミ・評判と口座開設方法

FXDD

海外FXの老舗 FXDDの特徴と口座開設方法について徹底解説!

本日も記事を読んでいただきありがとうございました。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

今話題の自動売買での資産を安定化させてみませんか?

LINEでXEN-TRYZについて
まずはご相談ください。

相談はコチラから