FX

FXでよく見る「pips」とは?100pips取るといくらの利益?<Pipsの計算方法>

FXでよく見る「pips」とは?100pips取るといくらの利益?<Pipsの計算方法>

FXトレードしていると「月に何pipsとれるの?」「何pipsで損切りしてる?」というような言葉を聞いたり、そのような記事を見かけたりすることが多くなります。

200pips取れるようになると勝ち組トレーダーの仲間入りと言われていますが、今回の記事ではよく聞く「pips」について解説していきたいと思います。

Pipsとは?

まずPipsの読み方ですが、「ピプス」と呼びます。2以上の数字だとPipsで表現し、1のみの場合はPipと表現します。Pipは英語を省略しており「Percentage In Point」の略と言われてます。
このPipsはFXトレードを行う際に使われる通貨単位となります。

日本円だと 0.01円=1銭(せん)=1pipとなります。

なんだかややこしいですよね・・・

日本円だと円の下の単位の全て「銭」で表わせば良いじゃん!と思いますが、なぜ「pips」で表すかというと、他の通貨ペアもあるためpipsで表したほうがわかりやすいからです。

他の通貨ペアだと「銭」で表すのが難しくなります。
そして、「pips」で表す方が損益をどれだけ出しているか分かりやすいため「pips」で表すのが通例となっています。

対円(クロス円)のpipsは少数第2位で覚えておこう

対円は◯◯円と表記される通貨ペアのことです。
例えば、ドル円(USDJPY)、ユーロ円(EURJPY)、ポンド円(GBPJPY)のようなものを対円と呼びます。対円はクロス円とも呼びます。

対円のpipsは小数第2位で覚えればわかりやすいかと思います。

ドル円(USDJPY)が約110.00円で買い注文を入れ110.08円で決済したら、8pipsを取ることができたということになります。

各通貨ペアについての記事についてはこちら↓

FXは自分にあった通貨ペアを探そう!おすすめの通貨ペアはコレ!

その他の通貨のPipsは少数第4位で!

その他の通貨はなんとなくとっつきづらい感じがあります。私も最初は全く慣れませんでしたが、その他の通貨は小数第4位で覚えていただければ問題ありません。
例えば、あなたがユーロドル(EURUSD)を約1.1700ドルで買い注文を入れたとします。少し価格が上がり1.1709ドルで決済したとしたら、あなたはそのトレードで9pips取れたということになります。
その他の通貨は少数第4位で覚えれば良いですね!

100pipsとればどのくらい儲かるの?

よくトレーダーの間で「お前、何pips取れた?」のような会話を聞くことがあります。実はFXで得ることができる金額というのは「通貨ペアの値動き」と「ロット数」により変わります。

通貨ペア × ロット数 = 得ることができる金額

例えばわかりやすくドル円(USDJPY)を110.00円で買い注文を入れて111.00円で決済した場合、100pipsをそのトレードで取ったことになります。

次にロット数ですが、国内FXだと1ロット=1万通貨海外FXだと1ロット=10万通貨で計算します。

1万通貨の場合は1pip動くと1円となり、100pips動くと100円になります。
10万通貨の場合は1pip動くと10円となり、100pips動くと1000円になります。

当サイトでは海外FX会社を推奨していますので、1ロット=10万通貨を例にあげさせていただきます。

もし、あなたが1ロット注文で100pipsを取ることができたとしたら、

100pips × 1000円 = 100,000円

の利益を取ることができるのです!

そのため、プロトレーダー間の会話では◯◯万円を取るというよりも「◯◯さんは何pips取れたの?」というような会話になるわけです。大きなロット数で注文すればその分得ることができる金額が大きくなるのは明白だからです。
100ロットの注文をかけるトレーダーもいます。その人がもし100pipsを取ることができたら1000万円を得ることができるということになります。
そのため、pipsを大きく取れるトレーダーがプロと呼ばれるのです。

XMの計算機が分かりやすい

海外主要FX会社のXMでは計算機も提供しています。ただし、1ロット=10万通貨でツールが作られているので注意してください。

計算機ツールはこちら↓

証拠金、ロット、pips等の様々な計算に対応しているので、ぜひ使ってみてください。

上記ツールはXMの口座開設をしなくても使えますが、XMの口座開設をしていない方はこちらの記事を参照ください。

スキャルピングもEAもXM ZEROに決まり!XM ZEROの特徴と口座開設方法について

まとめ

FXでの独特のワードである「pips」について解説させていただきました。日本円が入っている通貨ペアだと円の下は「銭」ということでとっつきやすいですが、その他の通貨ペアの場合は普段なじみがないので分かりづらいです。

  • 日本円が入っている通貨ペア=少数第2位
  • その他の通貨ペア=少数第4位

で覚えておけば間違いはないです。

実際にFXを裁量でやろうとしたら、必ず覚える必須事項なのでマスターしておいてくださいね!

自動売買EAを使う場合も、ある程度は覚えておいた方が良いかと思います。しかし、細かい知識がなくても売買できるのが自動売買のメリットです。

実は、海外では裁量トレードよりも自動売買でのトレードが一般的です。あなたも一度、自動売買EAを試してみませんか?

自動売買実績はこちらの記事から!↓

この記事があなたのFXライフに役立ってくれれば嬉しいです!

また、実際に相談したいことがありましたらぜひLINEをご活用ください。

今日も読んでくれてありがとうございます!

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

今話題の自動売買での資産を安定化させてみませんか?

LINEでXEN-TRYZについて
まずはご相談ください。

相談はコチラから