FX

FXは自分にあった通貨ペアを探そう!おすすめの通貨ペアはコレ!

FXは自分にあった通貨ペアを探そう!おすすめの通貨ペアはコレ!

誰もが迷ってしまう通貨ペア。
このページではFXトレードを始める人向けに
各通貨ペアの特徴についてお話したいと思います。

それでは早速始めましょう。

まずはじめに

FX(Foreign Exchange)は外貨の取引です。
FXで利益を残すためには為替差益を出す事が必要になります。
そこで、必要な概念が「通貨ペア」になります。

海外FX会社と口座開設をして、早速トレードを行おう!!と思っても、
まずはどのような通貨ペアを扱えばいいか決めなければいけないのです。

通貨ペアって何

通貨ペアというのは、いわゆるユーロ/アメリカドル(表記はEURUSD)といわれるもののことを指します。

アメリカドルと日本円だったらUSDJPYと表記します。

FXのトレードは二国間での通貨のやりとりなので、
必ず通過ペアを決めなければFXのトレードはできません。

とはいうものの通貨ペアは分かりづらい?

少し分かりづらいですね・・・ イメージしやすいように普段見慣れている

USDJPY (ドル円)を例に取ります。今の価格がUSDJPY=100円 だったとします。

この時は1USD100JPYということになります。

つまり、後ろに付いている通貨(この場合は円)が1ドルあたりの価格を決めているんですね!

次は(EURUSD)ユーロドルで見てみましょう!

このように通貨ペアは色々あるんですが、実は、この通貨ペアはそれぞれ特徴があるんです!

通貨ペアにはそれぞれ特徴がある

通貨ペアには特徴があります。

まず通貨の値動きは、流通している通貨量が

多いのか少ないかによって、動き方が違います。

例えば、アメリカドルは世界一の流通量を誇っているので、多少売買をされても滅多なことでは大きな値動きに発展しません。

逆にマイナーな通貨(例えばトルコのリラ、南アフリカのランド)については、
少しの売買で大きく値動きが発生します。

そのことを知らずに通貨ペアを選んでしまうと、
知らずのうちに大きな損失を出す可能性もあるので注意しましょう。

通貨ペアは時間帯によっても違う動きをする

時間帯によっても通貨ペアの動きは違います。

取引所オープン時間によったり、重要な人(ECB総裁ドラギ氏とか)から発表があったり、
重要な指標が発表されたりとかでも変わります。

例えば、世界一の流通量を誇るアメリカドルは、主にアメリカ国内で大きく保有されております。

そのため、アメリカの人々が働き出す時間帯(日本時間22時くらい)が一番大きな値動きをするのです。

100pips(100銭)くらい動くこともあるくらい値動きが激しくなるときもあります。
(大きいロットでトレードした際、自分が思う方向と反対方向の値動きをしてしまったら、
とんでもないことになるかもしれません)

それはユーロであっても日本円であっても、その国の一般的な活動時間内が
一番値動きが激しくなるのでトレードの際は、その時間帯を把握しておいた方が無難です。

それぞれ通貨の特徴は??

先ほど通貨ペアの特徴について話をしましたが、ここでは通貨1つ1つに注目をして、その特徴を見ていきましょう。

アメリカドルの特徴

先ほども紹介をしましたが、アメリカドルは各国の通貨の中でも一番多く流通している通貨になります。

流通量が多いため、大きな値動きは滅多なことではありませんが、
その分一度大きな動きが発生すると、そのままトレンドを形成しやすいのがアメリカドルになります。

基本的にチャートが動くときは、経済指標が発表された後や
要人発言があった時がほとんどで、それ以外は均衡相場になりがちです。

これらの要因で値動きが一時的に活発になったとしても、また元の位置に戻るなんてことはザラに発生します。

それも全て流通量が多いため、大きなトレンドを発生させるにはかなりの力が必要となるからです。

ユーロの特徴

次に流通量が多い通貨がユーロになります。

この通貨は、他の通貨に比べ最近できたばかりの通貨ですが、
ユーロに加盟している国が発行している通貨のため、通貨の中では新参にも関わらず、
多くのユーロが流通しているのです。

流通量が多いため、比較的安全通貨としての人気が高いのですが、
昨今イギリスがユーロから離脱するというニュースがありました。

必ずしもユーロは一枚岩ではないため、今後もこのようなニュースが出ると、
ユーロの通貨ペアは大きな値動きを見せることが懸念されます。

ですが、そのようなビッグニュースがなければ、
流通量のおかげで大きな値動きは滅多にないため、初心者向けの通貨ペアと言えます。

万が一、そのようなビッグニュースが発生した場合は、
大人しく保有しているポジションを締まって、
流れが確立されるまで傍観することをおすすめします。

イギリスポンドの特徴

金融大国のイギリスが誇るポンドですが、流通量は多いです。

しかし、非常に激しい動きをするのが特徴です。

日常生活でも電車に乗っていると、よく日本でも電車と衝突する人身事故があるかと思います。

実は・・・ポンドが激しく動いた時に人身事故が発生していたりします。

ただ、値動きが激しいので特徴を掴んだら利益を取りやすい通貨になりますので、

どちらかと言うと上級者向けとなります。

オススメの通貨ペアについて

通貨ペアには目的別によってお勧めされる通貨ペアがありますが、
この項目では初心者でも扱いやすい通貨ペアについて解説させていただきます!

ユーロドル/アメリカドル(EURUSD)

圧倒的メジャー通貨であるアメリカドルとユーロの通貨ペアが最強です。
サインが出た時はホントに分かりやすい動きをします。

上昇の動きが出たら、とんでもなく上昇をしますし、
下降の動きが出たらとんでもなく下降をしていくのが特徴です。

つまり、比較的にセオリーどおりに動きやすい通貨ペアとなります。

そのため、良く自動売買プログラムであるEA(エキスパートアドバイザー)にも採用されています。

(XEN-TRYZ~ゼントリーズ~)も採用している通貨ペアです。

テクニカル分析(チャートの動きのみを見る)に非常に強い通貨ペアになりますので、
裁量トレーダーにも好まれています。

ドル円(USDJPY)/ユーロ円(EURJPY)

裁量取引を行う際に、一番初心者にお勧めしたいのは、ドル円とユーロ円になります。
なぜならドル円とユーロ円は非常に流通量が多いため、ロスカット等にかかりにくいのです。
流通量が多いと値動きが制限されるため、保有している通貨が一気にマイナスになりにくいのです。
他のマイナーな通貨であれば、一気にマイナスになりロスカットになる可能性もあります。

また、テクニカル分析という過去のデータから参考に、
分析をかけて未来の値動きを予想する方法も当てはまりやすいのです。
テクニカル分析についてはまた別の機会に話しをしますが、
トレードの際に役立つ分析を使いやすいメリットがあります。

まとめ

以上が「おすすめの通貨ペア」解説になります。
通貨ペアはたくさんありますが、そのほとんどは初心者にとって
(場合によってはプロトレーダーでも)難しい通貨ペアになります。
断然、メジャー通貨であるユーロドルがおすすめですので、
臆することなくやっていきましょう!!

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

今話題の自動売買での資産を安定化させてみませんか?

LINEでXEN-TRYZについて
まずはご相談ください。

相談はコチラから