FX

XMと提携しているi-account(アイアカウント)とは?評判や利用方法について徹底解説!

XMと提携しているi-account(アイアカウント)とは?評判や利用方法について徹底解説!

i-account(アイアカウント)とは、国際決済に使うことができるオンライン決済サイトになります。
海外FXブローカーで採用しているのが、小規模海外FXブローカーが主ですが、最近では最大手のXMでもi-accountを採用し始めています。
i-accountは、昔でいうところのNetellerのようなオンライン決済サイトですが、(Netellerは、現在は日本国内居住者の方は使用禁止になっています。)i-accountの実際の使い勝手はどうなのでしょうか?
i-accountの本記事では検証します。

i-account(アイアカウント)の特徴

国際間決済ができるサイトとして非常に良いi-accountですが、i-accountの良い点と悪い点を記載させていただきます。

i-accountのメリット

まず、i-accountは個人の方でも法人の方でも口座開設をすることができます。
そして、オンライン決済システムなので24時間送金に対応しており、26種類もの通貨に対応しているので、日本円以外も扱うことができます。
また、公式サイトの日本語もしっかりしており、日本語のサポートも万全な印象を受けます。

i-account独自のデビットカードが良い!

私がi-accountの中で最も良いと思ったのは、i-account独自のデビットカードがあることです。

2016年まで一世を風靡していたNetellerでも同じようなデビットカードがありました。
昔のNetellerもそうでしたが、i-account内にお金が入っていれば、デビットカードとして使用することができ、ATMで出金することも可能になります。
このデビットカードに関しては、Netellerと同様にいつか規制が入ると思いますが、使えるうちは使っておきましょう!

i-account デビットカード

i-accountのデメリット

i-accountのデメリットは何点かあります。
ここでは私が思うi-accountのデメリットについて記載していきます。

あまり手数料が安くはない

まずは、i-accountの手数料についてです。
結論から言うと、手数料がそこまで安くはありません。

例えば、上記公式サイトから抜粋すると、入金では3ドル~の手数料、出金には5~25ドル程度の手数料がかかります。
それに伴い、為替レートの手数料がかかっていきますので、同じようなサービスであるbitwalletと比較すると、i-accountは手数料については分が悪いですね。

bitwalletの記事はこちら

bitwallet(旧:マイビットウォレット)の口座開設手順と使用方法について徹底解説!

i-accountの評判は良くなかったが、最近は改善されている

i-accountの評判は本当によくなかったです。
i-accountの過去の評判については、google等の検索エンジンで「i-account 評判」と検索すると出てきます。
しかし、最近のi-accountはXMとも提携し始め、評判を取り戻しつつあります。
XMは最もコンプライアンスが厳しく遵守しているFXはブローカーという印象があります。
そのXMと提携したi-accountの経営やコンプライアンスは改善されたとの裏返しなのでしょう。

対応している海外FXブローカーが少ない

現在、海外FXブローカー大手では、i-accountを採用しているのはXMのみとなります。
もっと大手の海外FXブローカーとぜひ提携を進めていってほしいところですね。

XM以外でi-accountを採用しているのは、小規模海外FXブローカーになります。
その代表格がGM Tradingになります。
GM Tradingは口座開設をすると自動売買EAがVPS無しでも使える稀有な海外FXブローカーになりますので、一度見ていただいても良いと思います。

i-accountの開設手順

本項では、i-accountの開設手順について解説します。
まず、下記リンクから公式サイトにアクセスしてください。

個人か法人で申し込みを行います。
個人の方は「個人」を選択、法人の方は「法人」をクリックすると、下部に「入力に進む」が出てきますので、クリックします。

i-account 入力に進む

本人確認書類は運転免許証、パスポート、住基カード等の顔写真付きのカードが必要になります。
住所確認書類は、公共料金の写し、金融機関の証明書類(カードの明細等)、住民票の写し等のいずれも3ヶ月以内に発行されたものが必要になります。

あなたの個人情報を入力し、「次へ」をクリックします。

i-account 個人情報

i-accountは代理店コードがあるみたいで、代理店コードを入力した方が手数料が優遇されるとのことです。
代理店コードは「 SKR 」と打つと安くなるとのことです。(他の代理店を知っている方は他のコードを打っていただいて問題ございません)

次に、身分証明書と住所確認書類の提出を行います。
アップロードを行ったら、「次へ」をクリックします。

i-account 次へをクリック

情報の再確認というページが出ます。
i-account 情報の確認

提出後、2~3日以内で登録完了のメールが来ます。

その後、[iAccount] 口座開設申請承認のお知らせという件名のメールが来ていることを確認します。

i-account 口座開設申請申し込み認証リンク

メールの認証リンクを10日以内にクリックします。
クリックすると、「同意する」というボタンがあるのでそちらをクリックします。

その後、任意のログインIDとパスワードを決めることができます。
ここで注意していただきたいのが、i-accountではなぜか第1パスワードと第2パスワードを決めなければいけません。
この第1パスワードと第2パスワードはログインする時に、絶対に必要になりますので忘れないようにしましょう。
最後に、パスワードを忘れたときの秘密の質問に対する答えを入力し、「確認する」をクリックします。

i-account 第1パスワード第2パスワードを記載する

クリック後、ログイン画面に入ることができます。

まとめ

i-accountの特徴と口座開設方法についてまとめさせていただきました。
i-accountは現状、大手ではXMのみの採用(中小海外FXブローカーでは採用しているところもある)となっていますが、今後勢力が拡大していくものと思われます。
2019年2月現在はデビットカードも使用できるので、i-accountの使用も視野に入れてはどうでしょうか?

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

今話題の自動売買での資産を安定化させてみませんか?

LINEでXEN-TRYZについて
まずはご相談ください。

相談はコチラから