FX

FXの為替差益についてしっかり理解しよう!

FXの為替差益についてしっかり理解しよう!

FXは為替の取引によって利益を取り、思った方向の逆をいけば損失になります。
その利益を得る方法で、取引の動きを見ることでどのタイミングでトレードができるかがわかるようになります。
FXで利益を得る方法は2つあり、為替差益とスワップポイントがあり、スワップポイントは金利差を利用して利益を得る方法ですが、今回は為替差益に注目します。
為替差益は為替レートの動きを利用して利益を得る方法で、初心者でも得られるものです。
FXを始めるときは為替差益を得ることが目的になり、この特長を知っておけば取引がしやすくなります。
今回は為替差益について、解説させていただきます。

FXは売りと買いどちらでも利益を出すことができる

為替レートは変動するもので、取引の動きによって「円高」または「円安」になります。
レートの動きの差を利用することで利益を得ることが、為替差益の考え方です。
取引は売りと買いによって行いますが、為替差益の出し方はどちらから行っても出すことができます。
安く買って高く売る方法、高く売って安く買う方法があり、どちらの方法でも利益を得ることができます。
どちらも結果は同じで、円高でも円安でも利益が得られます。
例えば、1ドル=80円の時に買って、1ドル=100円の時に売ることで、20円の利益を得ることができます。
為替レートの動きを利用すれば、このような利益の獲得ができるようになります。

もちろん予想に反する動きをしたら損失が出る

為替レートの動きによって、必ず利益が出るとは限りません。
取引によっては損失も発生することがあるので、注意する必要があります。
利益が出る可能性と損失が出る可能性が同じように存在していることを、FXを始めるときに理解しておきましょう。
安く買って高く売ろうと考えていても、相場が思うような方向にならないことがあって、損失がでることもあります。
取引をするときは、相場の動向に最も注目すべきだといえるでしょう。

為替の「円高」や「円安」とは?

FXでは円高と円安という言葉を理解しておく必要があり、どのような状況が円高・円安なのかを知っておきましょう。
1ドル=80円から1ドル=100円になった場合、ドルの値段が高くなったことを考えると、円が安くなったといえるので「円安」です。
逆の場合、(例:1ドル=100円から1ドル=120円になった)ドルの値段が安くなり円が高くなったと考えられるので、「円高」となるのです。
取引する通貨の関係は、価値が高くなったり安くなったりするのを繰り返すので、それを利用して稼ぐことになります。
取引できる通貨の種類は、ドルやユーロなど様々あります。
初心者であれば米ドルやユーロがおすすめで、為替の動きが理解しやすいです。
そのほかにも特徴的な通貨があり、英ポンドやカナダドル、スイスフランなどがあり、相場の動きや金利に違いがあるので、それらの特長を知りながら取引ができます。

他の通貨の「○○高」や「○○安」とは?

他の通貨の○○高や○○安(○○の中には通貨名が入ります)はイメージができますでしょうか?
今回は、通貨ペアはユーロドル(EURUSD)を例に説明します。

通貨ペアについての記事はこちら↓

FXは自分にあった通貨ペアを探そう!おすすめの通貨ペアはコレ!


例えば

1ユーロ=1.1ドルから1ユーロ=1.2ドルに価格が変動した

この時、1ユーロあたり0.1ドル高くなっているので、ユーロが安くなっています。
そのため、「ユーロ安・ドル高」となります。

他の例で表してみます。

1ユーロ=1ドルから1.2ユーロ=1ドルに価格が変動した

この時、1ドルあたり0.2ユーロ高くなっているので、ドルが安くなっています。
そのため、「ユーロ高・ドル安」となります。

まとめ

今回は為替差益についていかがでしたでしょうか?
日本円換算にした時の、「円高・円安」について、また、他通貨の「○○高・○○安」について解説させていただきました。
FXトレードはこのような考え方は非常に大事になりますので、しっかりと理解していただければと思います。

なかなか時間がないあなたでも、収入を増やしたいという方もいるかと思います。
そんな時は、
XEN-TRYZはユーロドルの自動売買EAで、1日1回のトレードを行います。

本来は有料EAですが、1ヶ月のみお試し版をもありますので、ぜひ下記のLINE@に登録してみてください。

xen-tryz LINE@ QRコード

本日も記事を読んで頂き、ありがとうございました。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

今話題の自動売買での資産を安定化させてみませんか?

LINEでXEN-TRYZについて
まずはご相談ください。

相談はコチラから