FX

FXで動きやすいレート・時間帯をしっかり理解しよう!<初心者必見!>

FXで動きやすいレート・時間帯をしっかり理解しよう!<初心者必見!>

FXトレードを行う時、我々が目指すべきところは「利益」をしっかりと残すことです。そのためには、売買による利益をしっかりと取れることが重要になりますが、為替レートの変動についても理解を深めなければなりません。

このページでは「FXで動きやすいレート・時間帯をしっかり理解しよう!」をテーマに解説させていただきます。

まずFXの取引時間を理解しよう!

FXの取引時間は平日の月~金までの24時間です。土日は休場となります。しかし、24時間というのがしっくりこないという方もいるかもしれません。
それは何故かと言うと、日本の市場だけを見ると、8:00~15:00の間で取引をされているからです。
世界視点で市場を見ると、日本より市場のオープンが早い国もあれば、遅い国もあります。その全ての国の市場時間が重なり合うため、「平日の24時間で取引されている」ということになります。

主要国の取引時間(全て日本時間で計算)

  • ニュージーランド→5:00~14:00
  • オーストラリア→7:00~16:00
  • 日本→9:00~15:00
  • 香港→9:00~16:00
  • ドイツ→16:00~1:00
  • ロンドン→17:00~2:00
  • アメリカ→21:00~6:00

欧米諸国はサマータイムがあるので注意!

日本にはあまり馴染みがありませんが、欧米諸国はサマータイムが導入されています。サマータイムとは、日の出時刻が早まる時期(3月~11月)に1時間早まることを言います。
欧米諸国に限り、3月~11月の間は、1時間早めて考えていただければと思います。

各国の取引量の順位はどのくらい?

各国の取引量はどこが一番多いと思いますか?
一番はアメリカと思いきや、実はイギリスなんですね。

イギリスは、世界の金融センターと呼ばれています。日本が2014年から始めたNISA(少額投資非課税制度)も、実はイギリスがもともと始めていたISA(アイサ)という制度を模倣してから始めたのです。
他にもイギリスにはオフショア(税金が安いまたはかからない)のマン島があったり、世界の金融立国の地位は揺るぎない状況です。

次にアメリカの二位となります。1位のイギリスと2位のアメリカで世界のほとんどの取引量をカバーしている状態で、実に40%もの取引量をカバーしています。

その後、アジアのシンガポール、香港、日本と続きます。日本もそれなりの取引量をもっているんですね。

次に各国の時間帯の特徴を見てみましょう。

オセアニア(ニュージー・オージー)時間

オセアニア時間は日本時間の早朝となります。基本的にオセアニア時間は、ほとんど動かない時間帯となるため、スキャルピングに適した時間帯になります。
少しの利益を取っていくXEN-TRYZのEAはこの時間帯を狙って取引を行っております。

日本(アジア)時間

日本時間は9時~から開始です。9時~10時くらいは少し相場が荒れる傾向にあります。
特に、5の倍数の日(例:5日、10日、15日、25日、30日)のいわゆる「ゴトー日」は、9時55分前に円売りドル買いが集中します。
銀行の立場に立つと、9時55分前のレートで一日の取引を行わければならないので、安く仕入れたいという思惑が強くなります。
そのため、どうしてもゴトー日にドル買いが集中するということになります。10時を過ぎると比較的穏やかな相場に変化していきます。

ヨーロッパ時間

FXの取引量が多くなってくる時間帯が、日本時間の16時~です。特にイギリスのロンドンの取引所がオープンする時間から活気がある時間帯となります。
ヨーロッパ時間が開く16時~がFXの取引がかなり活発になりますので、ここからがある意味FXで阿鼻叫喚が出てくるのです・・・笑
ヨーロッパの経済指標や要人発言(ECBドラギ総裁等)があると、レートがかなり変わる時間帯となりますので、その時間帯で取引をする場合は注意しましょう。

アメリカ時間

日本時間の21時(サマータイムだと20時)からアメリカ時間が始まりますが、アメリカ時間が一番動く時間帯になります。
この時間帯は、アメリカ経済の金融政策が発表されたり、雇用統計が発表されたり、FRB議長の突拍子もない発言があったりすると、相場が乱高下します。
ドル円ですと、約1円くらい変化することもよくあります。
あなたが朝起きたら、乱高下しすぎてびっくり!のリアクションを取るかもしれません。笑

参考記事はこちら↓

アメリカは世界中の通貨を操っている!FXトレードではアメリカの動向を抑えよう!

まとめ

「FXで動きやすいレート・時間帯をしっかり理解しよう!」についてまとめさせていただきました。各国の時間帯とレートを把握することは、トレーダーにとっても非常に大事な要素になります。ある程度の特徴だけでも抑えておくと非常に良いかと思いますので、ぜひマスターしましょう。

XEN-TRYZ~ゼントリーズ~は早朝~アメリカ時間が始まる前までに取引を行うEAとなります。勝率が非常に高いEAの実績を見たい場合は、こちらの記事をご参照ください。

↓FX自動売買XEN-TRYZ~ゼントリーズ~の実績はこちら↓

今回の記事も最後まで読んでいただきありがとうございました!

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

今話題の自動売買での資産を安定化させてみませんか?

LINEでXEN-TRYZについて
まずはご相談ください。

相談はコチラから