FX

MAM(マム)やPAMM(パム)って何? 特殊運用方法であるMAMやPAMMにわかりやすく解説!

MAM(マム)やPAMM(パム)って何? 特殊運用方法であるMAMやPAMMにわかりやすく解説!

普段は自動売買EAやFXのことついて記載しておりますが、あなたは、MAMやPAMMという言葉を聞いたことがありますか?
海外FXブローカーを用いてトレードをやっていると、MAM(マム)やPAMM(パム)という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。
国内FXでは、MAMやPAMMという形式がないので、MAMやPAMMは海外FXブローカーのみでの適用となりますが、かなり有効な運用方法となります。

本記事では、少し特殊な運用方法であるMAMやPAMMについて、わかりやすく解説したいと思います。

MAMやPAMMは何の略?

MAMとPAMMは何かの暗号みたいな文字列ですが、実は略称です。
MAMとは、Multi Account Managerの略となります。
PAMMとは、Percentage Allocation Management Moduleの略となります。

MAMやPAMMとは?

MAMやPAMMは「マネージドアカウント」と呼ばれる運用手法となります。
このマネージドアカウントというのは、自分のFX口座に資金を投入して、他のトレーダーに運用をしてもらう(発注指示のみをする)という運用手法となります。
よく勘違いされますが、MAMやPAMMは親元に出資をするわけではなく、自分の口座の資金を回すので、持ち逃げされることはありません。
運用元により、ロックされる期間があるところもありますが、出金もあなた自身のタイミングで出金可能です。

MAMとPAMMの違い

MAMとPAMMはどちらも「マネージドアカウント」なので、他人に運用してもらう口座となりますが、違いがあります。
簡単にいうと、「取引履歴を見れるか見れないか」の違いになります。
MAMは、取引履歴を見ることができます。
故に、そのトレーダーの運用方法を見ることができてしまいますので、見られてはいけないようなトレード方法ですと、MAMは採用されておらず、PAMMが採用されます。
一方で、PAMMは取引履歴を見ることができず、増減だけを見ることができます。
MAMとPAMMを始めるためには、指定口座を開設してもらい、簡単な契約書(トレーダーとのヒモ付)を交わすことにより、あなたの口座と紐づけされます。

MAM、PAMM運用方法

MAMとPAMMの運用や利益配分について

MAMやPAMM では、利確・損切り・パラメータの設定はあなたの口座ではできません。
そのような設定や判断は、紐づけされたトレーダー自身が行うことになります。

MAMやPAMMの利益の配分は、報酬比率は運用元により違いますが、成功報酬型となります。
月の利益や年の利益に対し、約30%程度が運用するトレーダーに入り、約70%はあなたの元に入ります。
利益が出なかった場合(損失の場合)は、成功報酬が発生しません。
運用するトレーダー自身も勝ち続けなければ利益が発生しないので、負けると生活ができないということになりますし、投資家も離れてしまいます。
勝てるトレーダーに運用してもらうのがいいでしょう。

MAM、PAMMはWIN-WIN

MAM、PAMMは、両者にとってもWIN-WINになります。
投資家側からすれば、余ったお金を運用するのはもったいないので、口座に眠っているお金を増やしてくれる可能性があります。
また、自分でトレードをしなくて済むことも大きなメリットとなります。
一方で、運用トレーダー側からすれば、大きな資金を自分で用意しなくても取引ができ、成功報酬を取ることができます。
勝てば勝つほど預ける資金は大きくなっていくので、得られる成功報酬は大きくなっていきます。

まとめ

MAM、PAMMについてのいかがでしたでしょうか?
裁量トレード、自動売買EAに続き、MAM、PAMMはご自身のポートフォリオに入れても良いと思います。
勝てるMAMやPAMMでしたら最高ですね!

本日も読んでいただきありがとうございます。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

今話題の自動売買での資産を安定化させてみませんか?

LINEでXEN-TRYZについて
まずはご相談ください。

相談はコチラから