FX

FX検証スマホアプリは「Chartbook(チャートブック)」がオススメ

FX検証スマホアプリは「Chartbook(チャートブック)」がオススメ

FXトレードで利益を稼ぎ続けている人はそろって「検証」に時間をかけています。
投資だけでなく全ての世界に通ずることですが、負けたときこそ負けた原因を探り「検証」を怠らない、この行動が利益を出すことにつながります。

FXトレーダーのほとんどはパソコンでトレードすることが多いですが、最近ではスマホでの取引も一般的になってきています。
実はスマホでもFX検証用のアプリが存在します。それは「Chartbook(チャートブック)」という検証アプリです。
結論から言うと、Chartbookはスマホ・タブレットで使えるアプリの中で最もオススメなアプリです。
今回の記事では、Chartbookの特徴について解説していきます。

Chartbookの特徴

Chartbookはスマホやタブレットで使えるFX専用の検証アプリです。
個人的にはスマホで使える最高峰の検証アプリであると考えています。
通勤時間やスキマ時間にも検証ができるので、一度chartbookを使ったらスマホを手放せないかも・・・

検証にあたり一つだけ注意点があります。
それは過去チャート検証用のアプリのため、当月のデータはないということです。
例えば、現在の月が6月であれば、前月の5月までのデータで検証が可能になります。

アプリのダウンロードは下記からできます。

ChartBook

ChartBook

Shuhei Sakai¥120posted withアプリーチ

※以前は無料でしたが2019年6月現在は120円の買い切り価格に変更となりました。

特徴① 対象通貨ペアが多い

通貨ペアが非常に多くなりました。為替のメジャー通貨ペアはもちろん金、原油などのチャート検証に使えるのがすごいの一言。

【対象通貨ペア】
EURUSD、USDJPY、GBPUSD、AUDUSD、USDCHF、USDCAD、EURJPY、GBPJPY、EURGBP、EURCHF、NZDUSD、EURAUD、GBPAUD、AUDJPY、GBPCAD

これだけあれば問題ないですね。

特徴② 異なる時間足を2画面で検証可能

上下2画面で異なる時間足でのチャートを検証ができます。
下記画像では上部に15分足、下部に1時間足を配置しています。異なる時間足を同時に検証ができるのはありがたいです。

Chartbook チャートブック 検証アプリ

特徴③ 主要インジケーターや水平線も設定できる

主要インジケーターや水平線も設定できます。
例えば、インジケーターでは移動平均線(SMA、EMA)、ボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、RSI、ストキャスティクスなどがあります。

しかも、細かな設定もできるのも強みです。そして異なる時間足にそれぞれのインジケーターを当てはめることも可能です。

まとめ

スマホやタブレットでチャート検証ができる「chartbook」について解説しました。
この価格でここまでのアプリを提供してくれるのは本当にありがたいです。私もスキマ時間ではスマホ片手にこのアプリを使うようになりました。
テクニカル分析をするにはもってこいの検証アプリのため、検証アプリを探している方にとってはぜひ一度試してください。

追記

Chartbookはスマホやタブレットのアプリのため、パソコンでトレードを行う方にとってはやっぱりパソコンで検証したいところ。
パソコンで検証したい方は「Forex Tester」という検証ソフトがオススメです。世界で最も使われている検証ソフトなので信頼性はバツグンです。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

今話題の自動売買での資産を安定化させてみませんか?

LINEでXEN-TRYZについて
まずはご相談ください。

相談はコチラから