FX

【断言】初心者はFXや株ではデモトレードは必要ない理由について解説!<でも検証は大事>

【断言】初心者はFXや株ではデモトレードは必要ない理由について解説!<でも検証は大事>

FXや株などでは証券会社がデモ口座(デモトレード専用口座)を用意している業者が多いです。いきなりお金を投資するのは怖いので「デモから始めようかな?」と検討されている方もいるかもしれません。
結論から言うとFXや株などではデモトレードはオススメしません。ほんの少額でも良いので実際の口座(リアル口座)でトレードすることをオススメします。

今回の記事では「デモトレードは不必要である理由」について解説いたします。

デモとリアルは違う

まずはっきり言いたいのはデモとリアルは違うということです。いくらデモトレードでお金が増えたしてもそれは架空のお金です。
デモトレードがうまくても、リアル口座でのトレードはからっきし成績が出ない方もいらっしゃいます。それはどうしてなのでしょうか?

デモだとゲーム感覚になる

どうしてもデモトレードだと「ゲーム感覚」になりがちです。実際のお金ではないので、減ったとしても何も思わない方がほとんどでしょう。
そうなるとトレードが適当になったり、資金管理を徹底しないトレードになってしまうことは目に見えてます。

実際にデモトレードで失敗したとしてもトレーダーに痛みはありません。たとえゼロになってももう一度やり直せばよいという感覚に陥りがちです。
実際のお金を使っていないのでストレスも皆無です。

デモトレード ゲーム感覚 意味ない

メンタル(心理)が養われない

リアル口座でのトレードでは、デモトレードと違い「メンタル」が求められます。利益を伸ばすためには大小かかわらず「含み損」を抱えたり、利益確定をどこで行うか判断を求められます。

予想より大きく含み損を抱えた場合にデモトレードだと正しく損切り判断ができたとしても、リアル口座でのトレードだと正しく損切りできないのが通常です。

また、ロットを大きく張れば、通常のメンタルでトレードができない可能性だってあります。自分が投入しているお金では、デモと違う心理状態になるのでメンタルが必要になります。

心理 デモトレード

それはデモではなく「実際のお金を使わなければ理解ができないこと」なのです。

デモとリアル口座はサーバーが違う

デモ口座はデモ専用のサーバーを使います。デモとリアルのサーバーはチャートの動き方が変わり、それは国内FXでも海外FXでも同様です。
リアル口座である限り、スプレッドの広がりやスリッページ(エントリーや決済時のすべり)の問題は絶対に発生するのです。
また、デモ口座とリアル口座ではローソク足の形が変わりますのでそこも注意してください。

検証は必要

勝つためには負けたトレードに対しての検証は必要です。
未来は今の延長線上にある」という言葉通り、現在の状況を改善すれば勝ちにつながる可能性が高くなります。
スマホでの検証アプリはchartbook、パソコンでの検証ソフトはForex Testerがオススメです。

chartbookの記事はこちらにまとめています。

FX検証スマホアプリは「Chartbook(チャートブック)」がオススメ

結論:実際のお金(少額OK)をトレードしよう

結論、デモトレードよりもリアル口座でトレードを行うべきです。デモトレードで一日の大半を使ってトレードを練習する覚悟があれば、デモトレードから入っても問題ありません。
しかし、ほとんどの方はその時間を使うことができません。

それであれば、1万円でもよいので少額資金から少額ロットでトレードをして感覚を養ったほうが良いです。
海外FX業者のXMであれば、追証がなくゼロカットであり、入金100%ボーナスを付けたトレードをすることができます。

口座開設を行えば初回3000円ボーナスキャンペーンがあるので、痛みなくトレードすることも可能です。これで利益が出てもあなたのものになるので良いですね。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

今話題の自動売買での資産を安定化させてみませんか?

LINEでXEN-TRYZについて
まずはご相談ください。

相談はコチラから