FX

国内FX業者を比較しながら海外FX業者の「メリット・デメリット」を4点ずつまとめてみた

国内FX業者を比較しながら海外FX業者の「メリット・デメリット」を4点ずつまとめてみた

海外FXは日本語が通じなく怖いというイメージがあり、デメリットが多く見えがちです。その半面、メリットが多く魅力的で海外FX業者を選択するトレーダーも実は多いのです。今回は海外FXに乗り換えを検討している人、まだ海外FXでトレードを行ったことがない人向けに、海外FXのメリット・デメリットをわかりやすく解説していきます。

海外FX業者のメリット

当メディアでは海外FX業者のメリットは多いと考えています。
代表的なメリットは下記のものです。

  1. ハイレバレッジでの取引
  2. 追証がない
  3. 取引の透明性が高い
  4. 入金ボーナスがある

上記のメリットは国内FX業者にないものになります。

ハイレバレッジで取引ができる

レバレッジとはテコという意味です。少ない資金(証拠金)で取引ができるので資金効率が非常に良くなります。
国内FX業者は法律の関係で最大25倍までのレバレッジ規制があります。しかし、海外FXの場合は

10万通貨=1ロット、以下の条件でユーロドルの買いトレードを行う場合は最低証拠金はいくら必要になると思いますか?

一度計算しててみましょう。

1ロット(10万通貨)取引
レバレッジ25倍
通貨ペア:EURUSD(ユーロドル)=1.10ドル
1ドル=110円と換算

この場合は、

1.10ドル × 100,000通貨 × 25倍 = 4400ドル
日本円に換算すると、4400ドル × 110円 = 484,000円

となります。

つまり、約48万円の証拠金がないと1ロット(10万通貨)分の取引ができないのです。余裕を持たせるためにより多くの入金をしておく必要があります。

一方で、海外FXの場合はハイレバレッジでの取引が可能のため、より少ない金額で大きな取引を行うことが可能になります。

例えば200倍のレバレッジで取引を行う場合、
1.10ドル × 100,000通貨 × 200倍 = 550ドル
日本円に換算すると、550ドル × 110円 = 60,500円

これだけの証拠金を用意するだけで1ロットの取引を行うことが可能になります。より資金効率が良くなるのが理解できるかと思います。

証拠金とロットについてより理解を深めたい方は下記の記事をご覧ください。

FXの証拠金とは?<有効・余剰・維持率の違いと「計算方法」について解説>【2019年4月更新】

海外FX、国内FXでよく聞く取引単位の「ロット」「枚」とは? わかりやすく解説!

追証がないので借金は背負わない

海外FXの場合は基本的に「追証がない」ため安心してトレードをすることができます。追証とは、追加の証拠金のことを意味します。レバレッジをかけていた状態で価格が暴落した場合、ゼロ残高を飛び越えてマイナスに転じることがまれにあります。海外FX業者では、追証はFX会社が負担するという制度を取っているため、私たちは元本以上のマイナスはないのが魅力です。

一方で、日本国内のFX業者は「追証」があり、「マイナスに転じた部分=借金」を投資家である私たちが支払う必要があります。実際にこちらの金融庁のデータでは追証の未払い口座の速報を出しています。
当メディアで把握するかぎり、日本国内のFX業者のすべてが「追証を投資家に負担」させています。

この点に関しては日本の金融庁は世界から遅れている言わざるを得ないです。レバレッジを規制する前に、「追証なし」を義務付ける欧州でいうところのEMSAのような法律の整備をしてほしいところです。

取引の透明性が高い

取引環境の透明性が海外FX業者のほうが高いです。海外FX業者はインターバンクに直接注文を通すNDD方式という方式を採用しています。トレーダーにとってはスプレッドは高めになりますが、FX業者にとってはそのスプレッドのおかげでトレーダーが取引すればするほどFX業者の利益が増加していきます。トレーダー、FX業者の双方ともWIN-WINな関係になりやすいのがNDD方式です。

一方、国内FX業者はDD方式という方式を採用している会社がほとんどです。DD方式とは、一度注文をFX会社で止めてインターバンクに通さない方式のことです。このDD方式では、トレーダーが負ければ負けるほど利益が出るという仕組みなので、わざと負けさせたり、不利なレートで約定されたりすることもあり、不透明な取引が多くなりがちです。また、スリッページなども多くなるのでご注意を。

DD方式とNDD方式の記事はこちらにまとめています。

FX取引におけるDD方式とNDD方式、STPとECNについて徹底的に解説!

スリッページはこちらです。

スリッページとは?海外FXでスリッページが少ない会社(ブローカー)はここだ!

入金ボーナスがある業者もある

海外FX業者の中では入金ボーナスを提供しているFX業者も多くあります。入金ボーナスは直接そのボーナスを出金できるわけではないですが、証拠金の維持を助けてくれるものになるのでぜひ活用しましょう。

例えば、XMでは新規口座開設者に「未入金ボーナス」と「100%入金ボーナス」が用意されているのでオススメな海外FX業者になります。

XMの記事はこちらにまとめています。

XMの評判と口座スペックについて公正にジャッジしてみた!<初心者・口座開設者必見!>

海外FX業者のデメリット

メリットが多い海外FX業者ですが、デメリットももちろんございます。当メディアが考えるデメリットは3つあります。ひとつずつ解説していきます。

税金が高い

海外FX業者で得た利益については、国内FXと同様に税金を支払わないといけません。国内FXでは「分離課税」、海外FXでは「雑所得」という扱いになります。国内FXでは、分離課税という対象になり、どれだけ利益を出しても「20.315%」の税率で済みます。しかし、海外FXでは利益が多いほど税率が高くなる仕組みになっており、「最大55%」の税金がかかることに注意しましょう。

税金については下記についてまとめています。

【2019年3月更新】国内FXと海外FXの税金の違いをしっかり理解して確定申告しよう!

確定申告用の年間取引報告書の入手方法はこちらに記事にしています。

【税金・確定申告】海外FXブローカーのMT4で年間取引報告書(一年分のレポート)取得方法について解説!

出金が少し面倒

国内FXに関しては会社が国内にあるので、出金が楽です。しかし、海外FX業者は出金が「海外送金」という扱いになります。クレジットカード入金対応のFX業者はマネーロンダリング対策の関係で、クレジットカード入金分までしかクレジットカードに出金ができず、利益分は海外送金する必要があります。

海外送金は送金手数料が高いので、利益をしっかり出した時に出金しましょう。

出金に関してはXMの出金の例を見てみるとわかりやすいかと思います。

XMでの出金方法を徹底解説!出金の反映が早くオススメ!【2019年6月更新】

スプレッドが広い

海外FX業者はNDD方式を採用しているため、国内のFX業者と比較すると、スプレッドが広めに設定されています。ECN口座の場合、国内FXのようなスプレッドを提供していますが、スプレッドの代わりに手数料は取られます。
各社によってスプレッドは変動しますが、基準値は下記のように覚えておくと良いでしょう。

【スタンダード口座】
ドル円:2.0pips
ユーロドル:2.0pips

【ECN口座】
ドル円:0.3pips + 手数料
ユーロドル:0.30pips + 手数料

ちなみに、近年、国内FX業者の低スプレッド競争が過熱気味で、世界一のスプレッドの狭さを誇っています。例えば、主要通貨のドル円で約0.3pipsのスプレッドを提供しているFX会社も存在します。その分、しわ寄せは必ずきます。勝てるトレーダーで広告塔にならない人は退場を命じられており、海外FXに主戦場を移すトレーダーもいるのが現状です。

日本語サポートが薄い業者もある

日本語サポートが薄い業者も存在します。海外FX業者の中には日本人スタッフが少ない、日本語が堪能な外国人スタッフがいない、というようなFX業者も存在します。
XMFXDDのような海外FX業者がダントツに日本語サポートは手厚いので、日本語サポートに困ったら2社でトレードすることをオススメします。

XMの評判と口座スペックについて公正にジャッジしてみた!<初心者・口座開設者必見!>

海外FXの老舗 FXDDの特徴と口座開設方法について徹底解説!

まとめ

海外FXのメリット・デメリットについてまとめてみました。海外FXはデメリットもあるのは事実ですが、メリットも非常に多いです。

海外FX業者を迷われている方は海外FX業者の口座開設を検討してもよいのではないでしょうか?きっとあなたのトレードを助けてくれるはずです。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

今話題の自動売買での資産を安定化させてみませんか?

LINEでXEN-TRYZについて
まずはご相談ください。

相談はコチラから