自動売買

Tradeview(トレードビュー)が日本国内銀行経由の送金についに対応!入金方法が充実しました!

Tradeview(トレードビュー)が日本国内銀行経由の送金についに対応!入金方法が充実しました!

もともとプロトレーダー向けのTradeview(トレードビュー)。取引環境は良さが売りですが、以前からあまり使いやすいサイト構成になっていなかったり、国内銀行経由の送金ができないことがネックでした。

しかしながら、ここにきて私たち一般ユーザーのことを考慮してどんどん使いやすくなってきています。その一環として、ついにTradeviewでも国内銀行経由の送金に対応するようになりました。

Tradeviewの口座開設はこちら

Tradeviewが国内銀行経由の送金に対応

今までのTradeviewは、Bitwallet(ビットウォレット)経由での送金が一般的でした。そんなTradeviewもついに国内銀行に対応することになり、より使いやすくなることが予想されます。

即時反映とまではいきませんが、振り込むと1営業日以内にTradeviewの口座に反映されるみたいです。

実際に入金ページを見ると、JPY(日本円)の送金方法が増えていることが分かります。
Tradeview 国内銀行経由での入金 増えた 

TradeviewはBitwalletでの利益分の送金も可能に

Tradeviewでは国内銀行送金経由だとしても、Bitwalletで利益分も出金することができます。これは私たちユーザーにとっては大きいです。

海外FX業者の最大手の一社であるXMでは、利益分の出金はダメになってしまったので、利益分も出金できるようになったのは大きいですね。

XMでbitwallet(ビットウォレット)の利益分の引き出しができなくなった模様【2019年6月更新】

Bitwalletの特徴については以下の記事にまとめているので、Bitwalletを初めて聞いた人はこちらをご覧いただければ理解が深まると思います。

bitwallet(旧:マイビットウォレット)の口座開設手順と使用方法について徹底解説!

ついでにBitwalletからの入金上限額も引き上げに

さらに、Tradeviewが使いやすくなった点はBitwallet入金の上限額が引き上げられたことです。
国内銀行送金経由での入金が対応したことをきっかけに、Bitwalletからの入金の上限額も100万円→1,000万円に引き上げることも発表されました。

これにより、大口ユーザーもより参入しやすくなったTradeview。
今後が目を離すことができない存在になったと言えるので、まだTradeviewを使ったことのない人は検討してみてくださいね。

Tradeviewの特徴については以下の記事にまとめています。

プロユース仕様の最強FXブローカー Tradeview(トレードビュー)の特徴・口コミ・評判と口座開設方法

Tradeviewと言えば、ILC口座という口座が最強です。ILC口座に特化した記事はこちらになります。

Tradeview(トレードビュー)のILC口座が取引コストが最安値!極狭スプレッドでコストを抑えたい人におすすめのFX業者

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

今話題の自動売買での資産を安定化させてみませんか?

LINEでXEN-TRYZについて
まずはご相談ください。

相談はコチラから