FX

海外FX、国内FXでよく聞く取引単位の「ロット」「枚」とは? わかりやすく解説!

海外FX、国内FXでよく聞く取引単位の「ロット」「枚」とは? わかりやすく解説!

FXのトレードをしたい!でも見たことのない言葉ばかり・・・
そんな風に思っている人も多いかと思います。
その中でも、注文するときに「ロット」「枚」というのがつきまとってきます。
徐々に慣れていけば良いのですが、しっかりと理解する前に注文をしてしまうと痛い目にあってしまいます。
しっかりと理解を深めていただくために、今回は「ロット」「枚」について解説していきたいと思います。

FXは○○円を賭ける!というやり方ではない

意外とFXをやっているとよく聞かれるのは、FXって○○円賭けるの?と聞かれることがあります。
実際にお金を使っての取引となりますが、「賭ける」という概念は違います。
口座に入っている「証拠金」を「ロット」「枚」を注文(買いor売り)をして決済をする、という流れになります。
色んな呼び方があって混乱を招くのは必死ですが、「ロット」も「枚」も取引する単位のことで呼び方が違うだけ、と思ってください。

ロットとは?

海外FXブローカーでよく使われるFXの取引単位は「ロット」です。
海外FXでは、基本的には1ロット=10万通貨としての定義されています。
(国内FXでは、基本的には1ロット=1万通貨として定義されていますが、稀に違う国内FXブローカーもあるのでご注意ください)
例えば、MT4アプリの履歴で表示されているこちらの画像ですが、このように見ます。

EURUSD ロット ユーロドル 説明

海外FXブローカーの場合、10万通貨の定義となります。
売りor買い注文する際にわざわざ「100000」と入力すると、めんどくさいし打ち間違いが発生します。
簡略化され、「1」と入力すれば、10万通貨(1ロット)で発注されるということになります。

○枚とは?

○枚は、基本的には「最低取引単位」のことですが、前述の通り、○枚=○ロットの認識で問題ありません。
「○枚」という呼び方は、国内FXで取引をしている方々の中でよく使われます。
例えば、「今のドル円に売りで1枚注文」とかよく言ったりします。
使用する国内FXブローカーにもよりますが、基本的に「1枚=1万通貨」と覚えていただければと思います。
(国内FXブローカーでも1枚=1000通貨と定義しているFXブローカーもあります)

国内FXで普段取引している人と海外FXで取引している人が会話する時に、「○枚=○通貨=○ロット」という定義付けをしてから会話するようにしましょう。
その定義浸けがしっかりしていないと、本当に頭の中で混乱を招いてしまいます笑

そもそも○○万通貨とはどういう意味?

これ、すごく分かりづらいですよね。
私も最初FXを始めたとき、よく意味がわかりませんでした。

○○万通貨で取引をすると、100pips動いたら○○万動きます。
例えば、10万通貨の場合は、100pips動くと±10万円になるということです。
(ちなみに、100pips=1円、1ユーロ、1ドル etcです。通貨ペアによって違います。)

以前の記事で「pips」の記事を書きましたのでよかったら見てください↓

【2019年4月更新】FXでよく見る「pips(ピプス)」とは?100pips取るといくらの利益?<Pipsの計算方法>

まとめ

「ロット」「枚」という呼び方についてまとめさせていただきました。
FXトレードをしない方にとっては、非常になじみのない言葉かと思いますが、トレードを何回も続けることにより慣れていくことができますので、少しずつ慣れていきましょう!

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

今話題の自動売買での資産を安定化させてみませんか?

LINEでXEN-TRYZについて
まずはご相談ください。

相談はコチラから