FX

bitwallet(旧:マイビットウォレット)の口座開設手順と使用方法について徹底解説!

bitwallet(旧:マイビットウォレット)の口座開設手順と使用方法について徹底解説!

以前、紹介させていただいたマイビットウォレットですが、9月から名前が変更となり、bitwallet(ビットウォレット)と名称変更したみたいです。
bitwalletは、イープロテクションズ社が提供している電子決済サイトです。
本当に使いやすく、出金とFX間の資金移動のやりやすさに定評があります。

ロゴもこんな感じで変更になりました。

bitwallet_length_TYPE-A ビットウォレット(旧:マイビットウォレット)

本記事では、あなたにもぜひ使ってほしいbitwalletの口座開設方法と使い方について解説したいと思います。

以前の記事はこちら↓

海外FX会社間の資金移動、利益の引き出しはbitWallet(旧:マイビットウォレット)が最強!<マイビットウォレットの特徴>

bitwallet(ビットウォレット)口座開設手順方法

bitwalletは個人口座はもちろん法人口座も開設可能になります。
今回は、一般ユーザー向けに個人口座開設の手順を記載させていただきます。

まず、bitwalletのサイトにアクセスをします。

新規ウォレットの開設をクリックします。

bitwallet(旧:マイビットウォレット)新規ウォレット開設

新規登録記入欄が出現します。
「お住まいの国」「メールアドレス」「希望のパスワード」を入力し、「次へ進む」をクリックします。

bitwallet(旧:マイビットウォレット)新規登録画面

次に個人口座か法人口座を選択し、「続行する」をクリックします。

bitwallet(旧:マイビットウォレット)個人or法人

登録確認画面が出ます。
特に入力情報が間違っていなければ、「私はロボットではありません」をクリックして、「登録する」をクリックします。

そうすると、登録したメールアドレスに開設用リンクの送付が来ます。
このリンクをクリックしましょう。

bitwallet(旧:マイビットウォレット)パーソナルアカウント
こちらのリンクをクリックすると、個人情報を入力する項目が出てきます。
その画面が出たら、個人情報を入力していただきたいと思います。
私はだいぶ前に作成したので、その画像をキャプチャすることができませんでした(汗

これでログインできるようになります。

本人確認書類の提出

bitwalletに登録した段階では、利用に制限があります。
利用制限を緩めるために、本人確認書類の提出が必要になります。

それでは早速ですが、本人確認書類の提出に移っていきたいと思います。

まず、bitwallet(旧:マイビットウォレット)にログインします。

ログインすると、左側にクライアントメニューがあります。
こちらの「ご登録情報・設定」をクリックしてください。

bitwallet(旧:マイビットウォレット)クライアントメニュー ご登録情報
個人情報が記載されています。
記載間違いがあれば、こちらで修正することができます。
bitwallet(旧:マイビットウォレット)ク個人情報欄

スクロールしていただくと、証明書アップロードの項目があります。
ここで証明書アップロードする必要があります。

bitwallet(旧:マイビットウォレット)証明書アップロード

アップロードをクリックすると、3つの書類アップロードを求められます。

IDセルフィー
身分証明書
住所確認書類

まず、IDセルフィーとは、アップロードした身分証明書を本当に持っている人なのか?という確認をするための自撮りになります。

下記画像はすでにアップロード済と出ておりますが、こちらからアップロードができます。

bitwallet(旧:マイビットウォレット)IDセルフィー
IDセルフィーの注意点はですが、身分証明書は身分証明書の文字がはっきり写るようにアップして撮影してください。

次に、身分証明書を1点アップロードします。
bitwallet(旧:マイビットウォレット)身分証明書

・自動車運転免許証
(表面と裏面の2点をご提出ください)
・自動車運転経歴証明書
(表面と裏面の2点をご提出ください)
・旅券(パスポート)
(顔写真のあるページと住所が記載されているページ(所持人記入欄)の2点をご提出ください)
・写真付き住民基本台帳カード
(表面と裏面の2点をご提出ください)
・在留カード
(表面と裏面の2点をご提出ください)
・特別永住者証明書
(表面と裏面の2点をご提出ください)
・個人番号(マイナンバー)カード
(表面のみご提出ください)

次に住所確認書類を1点提出します。
bitwallet(旧:マイビットウォレット)住所確認書類

【提出する書類一覧】
・各種健康保険証
・各種公共料金の請求書・領収書
・電話料金の請求書・領収書
・各種銀行
・クレジットカード会社の利用明細書・請求書
・住民票
・印鑑登録証明書 等

※請求書・領収書等は発行日が確認できるもので、発行後6か月以内のものをアップロードしてください。

本人確認書類提出後、土日を除く約1日で反映されていきます。

bitwalletへの送金方法

本人確認書類の提出後、bitwalletに入金しているお金の送金、bitwalletに対応しているFX会社からの送金が可能になります。
送金方法は、国内銀行送金による入金とカードによる入金があります。

国内銀行送金方法

bitwalletを経由しての国内銀行の送金方法を記載させていただきます。

まず、クライアントメニューの「銀行送金によるご入金」をクリックしてください。
bitwallet(旧:マイビットウォレット)クライアントメニュー 銀行送金による入金

クリックすると、右側に銀行情報が出てきます。

bitwallet(旧:マイビットウォレット)銀行口座

ここ注意点があります。それは、振込者名を下記のように変更することです。

※上記の送金元名義(「口座識別番号(口座ID+3桁の数字)」とお客様のローマ字氏名)にてお振り込みをお願いします。
※ローマ字の入力ができない場合には、カタカナでお振込みください。

特に問題なければ、あなたの口座に反映されるはずです。
以上が銀行送金の方法です。

クレジットカードでの入金方法

クレジットカードで入金したい方はこの項を参照いただければと思います。
ただし、クレジットカードでの入金は手数料を取られるので痛いです・・・

まず、クライアントメニューの「カードによるご入金」をクリックしてください。
bitwallet(旧:マイビットウォレット)クライアントメニュー クレジットカード送金による入金

対応するブランドのクレジットカードを登録します。
カードの新規登録を押し、カードの情報を記載します。

bitwallet(旧:マイビットウォレット)クライアントメニュー クレジットカード未登録→登録

そうすると、未登録→アクティブになります。
カードの表裏をアップロードすると、20万円まで取り扱えるようになり、その後SMS認証を行えば、50万円まで取り扱えるようになります。
bitwallet(旧:マイビットウォレット)クライアントメニュー クレジットカード アクティブ

任意の金額を入金します。入金する場合は、「入金」をクリックし、次の画面でセキュリティコードを入力すれば、入金が反映されます。
bitwallet(旧:マイビットウォレット)クライアントメニュー クレジットカード入金

カード決済されましたら、入金されます。
基本的な使用方法は以上となります。

まとめ

bitwalletという電子決済サイトはいかがでしたでしょうか?
これさえあれば非常にお金のやり取りが楽になりますし、Tradeview(海外FXブローカー)のような会社では、国内銀行送金がbitwallet経由でないと不可のFXブローカーもあります。

FXトレーダーにとっては、口座を作っておいて損はない、というよりも「作った方が良い」口座になりますので、ぜひあなたも作成してみましょう!

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

今話題の自動売買での資産を安定化させてみませんか?

LINEでXEN-TRYZについて
まずはご相談ください。

相談はコチラから